【Webinar】資金調達やM&A取引に向けたスタートアップの法務 ~これだけは把握しておきたいスタートアップの法的問題点~

Description

クラス概要

スタートアップ企業が資金調達やM&A取引(企業売却等)を行う場合、通常、投資家や買い手企業等から、その規模に応じた法務DD(デューデリジェンス)を受けることになります。仮に、当該法務DDにおいて、取引実行の障害となる重大な法的問題点が発覚すれば、当該資金調達やM&A取引は実現されません。また、企業価値の評価に影響を及ぼすような法的問題点が発覚すれば、取引額の低下やスケジュールの遅延、専門家への相談費用の増加など、スタートアップにとって不利益な事態が生じます。

このような事態を避けるためにも、スタートアップ企業においては、資金調達やM&A取引、ひいては上場審査を見据えて、日頃から法的リスクを把握しておくことが重要です。法的リスクの把握ができていれば、資金調達やM&A取引に係るコストや時間を削減することも可能です。

そこで、今回は、資金調達やM&A取引に精通した弁護士が、スタートアップの経営幹部自身が日頃から意識・把握しておくことが望ましい法的リスクについて、ポイントを絞って、実際に生じた事例を踏まえながら分かりやすく解説します。


本クラスの対象者

  • 資金調達やM&Aを含む資本業務提携を考えているスタートアップ経営幹部


登壇者


土取 義朗(つちとり よしろう)| 弁護士

2009年12月に弁護士登録後、企業間の紛争解決、M&A、企業法務全般を強みとする国内法律事務所に入所し、2015年4月に最年少で同事務所のパートナーに昇格。同事務所に在籍中は、国内案件を中心に幅広く事案を担当。その後、2017年8月にONE ASIA LAWYERS東京オフィスのパートナーとして同事務所に参画。国内の上場企業からスタートアップまでの幅広いクライアントを対象として、訴訟等の紛争解決・M&A・IPO支援・コーポレート・知財・労務などの企業法務全般を取り扱った実績がある。また、対象業種についても、これまで金融、メーカー、エネルギー、商社、不動産、IT、広告代理店などでの経験を有している。



國分 吾郎(こくぶ ごろう)| 弁護士

2012年12月に弁護士登録後、国内法律事務所に入所し、2014年6月からは某金融機関において、金融機関のコンプライアンス態勢の整備に関する業務全般(金融・証券レギュレーションに関する法的助言、コンプライアンス対応、行政等検査対応、危機管理対応など)を担当する。2016年7月にリスクマネジメントを強みとする国内法律事務所に入所し、2018年4月に同事務所のパートナーに昇格。同事務所に在籍中は、金融関連の業務に加え、リスクマネジメントに関するアドバイス業務、企業危機対応、株主総会対応、新規ビジネスに関するスキーム作成、M&A、訴訟等の紛争対応、ベンチャー企業のIPO支援など、国内企業法務案件を中心に幅広く担当する。2020年9月にONE ASIA LAWYERS東京オフィスのパートナーとして参画。


モデレーター

藤原弘之 | 株式会社ケップル メディア事業部 総合プロデューサー

TIS、アクセンチュアを経て、GCP出資先スタートアップへ転じ、およそ2年後、NHNグループへの売却でEixt、GCPにも大きなキャピタルゲインをもたらす。NHN JAPANでは、M&A担当GM・財務部門兼務等を経て、NHN CAPITALに設立メンバーとして参画。ベンチャーキャピタリストとして投資先スタートアップ7社全てを担当した。投資候補先だったケップルの代表である神先にスカウトされ、2019年6月に同社へ参画し現在に至る。
最近はnoteでスタートアップ取材記事を多数公開し、日本経済新聞社とKOL契約締結。日経電子版TOPに転載実績多数。
https://note.com/fuddy


プログラム

・17:45〜18:00 ログイン可能
・18:00〜19:00 講義
・19:00〜19:10 質疑応答

クラススポンサー


One Asia Lawyers日本メンバーファームである弁護士法人One Asia においては、国際的法律事務所で勤務経験のある弁護士監督のもと、M&A、会社法、労働法などをはじめとする企業法務、不動産、事業再生・倒産処理、知的財産権、訴訟・仲裁その他の紛争解決、国際取引およびコンプライアンスなど、日本における企業活動に求められるすべての分野に関する法律業務を、各専門家と連携しながらサポートしております。


富士通グループのスタートアップ共創プログラム「FUJITSU ACCELERATOR」は、現在第9期のエントリー受付中です。(エントリー締切日:2020年9月30日)
当プログラムでは、革新的なスタートアップの技術・製品と富士通グループの製品・ソリューション・サービスを組合せ、世の中へ新たな価値を提供することを目的としています。これまでスタートアップと85件以上の共創事業を生み出し、今回で9期目を迎えました。

【FUJITSU ACCELERATOR9期公式サイト】
https://www.fujitsu.com/jp/innovation/venture/entry/index.html

FUJITSU ACCELERATOR事務局
Email: contact-fap@cs.jp.fujitsu.com


株式会社ネットプロテクションズ
当社はテクノロジーを活用して新しい信用を創造する「Credit Tech(クレジットテック)」のパイオニア企業として、あらゆる商取引を円滑にしていくことを目指しています。
2002年より未回収リスク保証型の後払い決済サービス「NP後払い」の提供を日本で初めて開始し、現在は同サービスにより培った独自の与信ノウハウとオペレーション力を企業間取引向けに展開した「NP掛け払い」、購買体験がこれまでより快適になる新しいカードレス決済「atone(アトネ)」、台湾においてカードレス決済サービス「AFTEE(アフティー)」を提供しています。


定員

100名


諸注意事項(必ずお読みください)

  • 本クラスはOnline限定です。お申込時に入力いただいた勤務先メールアドレス宛にOnline会場のURLをお送りいたしますので、申込フォームの勤務先メールアドレス欄は正確にご入力ください。当日午前中までにメールが届かない方は迷惑メールフォルダ等をご確認ください。
  • GMailやYahoo!メールなどのフリーメールはご利用いただけません。入力された場合、後日システムにより自動キャンセルされますのでご注意ください。


主催


KEPPLE ACADEMY|株式会社ケップル
「正しく、学ぼう。」をテーマに、スタートアップやベンチャー投資家のための学びの場を提供する。成長を加速させるために必要な知識・情報の獲得はもちろん、人的ネットワークの構築まで全面的にサポート。


個人情報の取扱について

申込時にご登録いただいた個人情報は、株式会社ケップルのプライバシーポリシーに基づき取り扱います。また、当社は、取得した個人情報をクラススポンサー(存在する場合)に提供し、クラススポンサーは、自社サービスのご案内の範囲で当該個人情報を利用します。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#737388 2020-09-14 10:35:54
More updates
Thu Sep 24, 2020
6:00 PM - 7:10 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
一般チケット
Organizer
ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)
1,074 Followers
Attendees
50

[PR] Recommended information